長続きするカップルのケンカした時の秘訣

長くお付き合いしていると、様々なことが起こります。
その中でも「ケンカ」はどうしても避けられないですよね。
「ケンカをするほど、仲がいい」と言われますが、
長続きするカップルは「ケンカ」をした時、
どのように対処しているのか、オススメをご紹介していきます!!

言いたいことは言う!その後は再び持ち出さない!!

女性によくあるのですが、「前に、〇〇〇〇って言ったよね!」というセリフ。
これを言われると男性はイヤな気持ちになります。
だって、「今回の話」と「その前の話」とは違うケースもあるからです。

じゃあ、前の話を蒸し返さないようにする方法は…
言いたいことがあるなら、その時に言いましょう!
ガマンせずにケンカの時に「あの時は…」って言われるくらいなら
その時に解決したほうがお互い気持ちよく終われますよ。
(もちろん、彼氏さんに対して絶対言ってはいけない言葉はNGです!!)

一旦、落ち着いて冷静になる!

親しき中にも礼儀あり!
彼氏さんをボロボロにさせるくらいまでは言わないでくださいね。
一方的に責めてしまうのはよくないことですよ。
女性はよく思っていることをストレートに言うことがあるので、
男性は結構キズついてしまい、そのあとに亀裂を残すことがあります。

長続きするカップルは、ケンカはしても一旦は冷静になっていますよ。
感情をそのままぶつけてしまわないように、
「感情的になってしまった。。」っと思ったら、一旦、深呼吸しましょ!

ケンカする時間に注意!?

これは親から教わったことですが、夜にはケンカをするのは良くないそうです!
理由は、夜にケンカして言い争いになると闇に飲まれてしまい、
なかなか仲直りが難しくなるケースが多いのだそうです。
そのため、夜には「ケンカになりそう」もしくは、「ケンカになった」なら、
一旦、落ち着かせ「その話は明日にしましょう」と言って、 一度お休みの時間を置いてみてください。
すると、翌日は頭の中が整理されてケンカではなくて話し合いに変わることができますよ。

意地の張り合いより、謝り上手になる

男性は一度ケンカになってしまうと、虚勢を張るというのか…
プライドが高いために、男性から謝ることは難しい場合が多いのです。

  • 「私は絶対悪くないわ!」
  • 「彼氏のほうが絶対悪いに決まってる!」
  • 「彼氏が悪いのだから、謝るはあっちでしょ!」
  • 「悪いのは彼氏の方だから、これくらい言って当然よ!」

こんなことを思っていたらケンカは永遠に終わりませんよ。
また、アメリカの研究では15分以内に謝ることで、謝らないケンカよりも仲直りの時間が早まるという結果が出ています。
なんで自分から謝らなきゃいけないの?って気持ちもよ~~くわかります。
ですが、とき~には~♪彼氏さんより先に「昨日(さっきは)少し言い過ぎたと思う、ごめんね。」などと、素直に謝ってみるのもいいですよ。

ケンカしても、彼氏を思いやる気持ちを忘れずに!

一緒にいれば、どうしても意見の違いなどで、ケンカになることがあります。
そこで大事なのは、彼氏さんを思いやる気持ちを忘れないことです。
一度冷静になって考えてみましょう。

  • 「逆の立場だったら、どう思うんだろう?」
  • 「ずっと、自分の事ばっかり言ってないかな?」
  • 「あの言い方、彼氏はウザく思ってないかな?」

感情に任せていたら、こういうことは思えないですよね。
お互いが好きになって、カップルになったのだから一緒にいれるんだと思います。
長続きさせたいなら、ケンカをしたからといって、彼氏さんを無視をしたりせず、思いやりを持って話し合いをしてみましょう!?

まとめ

今回、長続きするカップルの「ケンカ」した時のオススメをご紹介しました。
「分かってるのだけど、頭と感情が…。」「つい怒りに身を任せてしまって…」等、些細な事が積もりに積もって、取り返しがつかなくなった話をよく耳にします。
私の場合は、些細な事やどっちが悪いとか関係なく、なるべく早く謝るようにしています。
たまに謝れずに大喧嘩になることも、そりゃーありまけどね。
でも、お互いを思いやれば、仲直りできちゃいます。
一緒にいる以上、ケンカは避けて通れないものです!?
そりゃー、カップルですもの!

だからこそ、話し合うって大切な事なのです!
ケンカした時こそ、彼氏さんのことを思いやりを持って、
一日でも長続きするカップルになる事を願っています♪