ピルの副作用、太ると困るんだけど飲んでも大丈夫?

ピルは世界中の女性に飲まれています。
理由は自分自身を守るための避妊効果の他、生理前症候群PMSのため使用している女性も多くみられます。

私の周りではピルについて「薬だから飲みたくない」「ピルって太るんでしょ?」
「避妊ならゴム(コンドーム)でいいでしょ」
とそれぞれ否定的な意見があります。

副作用を恐れる女性も多く、「飲んだ日に吐き気があったから次の日から止めた」という女性も居る思いますので、今回はピルについて日本にやってきた歴史副作用などご紹介したいと思います。

日本のピル服用率は世界の中で後進国

ピルとして日本で初めて認められたのは、今から約20年前の1999年でした。
世界で最初のピルが登場したのは1960年頃です。
そこから約40年間も認められず、国に対して何度申請しても拒否されてきました。
なぜ、認められなかったのか…
国のおじ様達の「何がなんでも絶対認めないマン」という厚い壁があったのです。

  • 「副作用があるからダメー」
  • 「安全性に問題あるからダメー」
  • 「女性の生理を薬で調整するなんて、おかしな話だろ!絶対ダメ!」

国のおじ様達は40年間認めてくれませんでした。
男性の官僚達が国を支配している以上、女性の苦しみを理解するのは、なかなか難しいんですよね。
だって、男性だから女性の生理前や生理痛の苦しみなんてわからないから。
たぶん、これからもわからないと思います。
実際、体感することが出来ないからです。
願うなら、痛みや苦しみがわからなくても寄り添ってもらえると嬉しいなと思います。

医学者・研究者からはどれだけ「問題が起こるほどの副作用はない」と医学としてのエビテンスを提出しても、ずっと拒否されてきました。

急に認められたのは、「バイアグラの登場」でした。
申請して6か月で認められるのは男性にとっては「神の薬」のような存在だったからなんでしょうね。
日本でバイアグラを服用して死者が出ていても「なんら問題はない」として厚生労働省は認可しました。
(ピルとは大違いだね…アッチの薬だから男性にとってはありがたい薬なんだよね)
そこで「一緒にピルも申請したら認可してもらえた」という…バイアグラのおかげなのか…そんな背景があります。
でも、認可されたからって女性のほとんどは服用することはありません。
世界では薬局などで市販されていてカンタンに買うことができます。
日本では産婦人科を受診して処方箋を貰って初めて買うことができるという、少しめんどくさい現状があります。
それに副作用が気になって飲まない女性がほとんどです。
ちなみに、世界の中で日本のピルの服用率は下から数えたほうが早いくらい低いです。

ピルって実際副作用ってあるの?

ピルの歴史を知ったら、やっぱり気になるのが副作用ですよね。
一番多い理由は「太るのがイヤ!」
ダイエットをしていると、薬を飲んで太るなら飲みたくない気持ちよくわかりますよ。

ピルの種類として別の記事にて詳しくご説明しますが、「マーベロン」というピルは美肌や胸を大きくする可能性があるホルモン剤ですが、他のピルはそのようなことはなく、太ることはありません。
なぜ「太る」というイメージがついているかは、副作用の1つとして「むくみ」があります。
むくむため、体重増加=太るということになるのでしょう。
ただし、1~2ヶ月飲み続けてい行くとむくみの症状が軽くなります。
飲み始めて1~2ヶ月の間は、身体がまだピルに慣れていないので副作用が出やすいと言われています。

【副作用】

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 胸の張り
  • 不正出血

生理前症候群から解放されたいのに、最初のころに副作用が出ると「飲む意味あるの?」と思いがちですが、ピルが身体に慣れてくると副作用はおさまります。

ちなみに、私は「プラノバール」と呼ばれているホルモン量が少し多めのピルを服用始めた3日間は吐き気に苦しみました。
その後は身体が慣れたのかおさまりました。

以上の副作用は、産婦人科の先生からも説明がありますが、慣れてきます。
どうしても無理だ!と感じた時は、服用を止める前に産婦人科の先生に相談してくださいね。

気を付けてほしい副作用No.1は【血栓症】です。
血栓症は血管の中の血液が固まって栓ができてしまい、血液が流れなくなり、さまざまな障害が起こることを言います。

血栓症が起こる確率は、1年間10,000人に対して3~9人で割合からすると少ない人数となっています。
ただし、肥満・喫煙者・50代以上・家族の中で血栓症にかかったことがある人は注意する必要があります。

産婦人科の先生からも、「タバコは吸っていませんよね?」と聞かれることがあります。
それだけ、リスクがあるということを覚えてもらえたらいいなと思います。

ピルを飲み続けた時に身体へのリスクはあるの?

ピルを長年飲み続けても、副作用がひどくなることはありません。
しかも、身体がピルに慣れてくると副作用がなくなり、飲むことへのリスクもありません。

ただし、飲む人の年齢だけは注意が必要です!
副作用の中の血栓症にも書きましたが、50代以上の年齢層は血栓症のリスクが高まります。
そのため、50代以上になるとピルの服用は禁止されます。
どうしても服用したいという場合は、血栓症のリスクが少ないとされている別のホルモン補充療法があるので、産婦人科の先生とよく相談してみてくださいね。
40代からも血栓症のリスクが上がっていくので、対策としてはなるべく産婦人科でホルモン量の計測や血栓症のリスク診断など気を付けていく必要があります。

私が産婦人科の先生に聞いたピルを飲むことの注意点

私はいきつけの産婦人科が2件あります。
その中の1件は10年以上お世話になっている産婦人科です。
その先生にピルの記事を執筆するにあたって注意すべき点を聞いてきました。

  • タバコを吸いながらのピルは血栓症のリスクが高まるのでピルを服用する場合は禁煙する。
  • ピルの服用を止めて、期間を空けて再度ピルを飲むと身体に順応するために最初の頃は、
    副作用に悩まされることがあるため、ピルはなるべく止めることなく飲み続けることが大切。
    合わない場合は、翌月の新しいピルのシートを別のピルにすることで調整していく。
  • 飲み忘れを絶対にしないこと。飲み忘れると避妊効果が無くなることや不正出血が起きるため、必ず同じ時間で毎日服用すること。
    飲み忘れを防止するためにアラームの設定やピルのアプリを利用すると飲み忘れ対策になる。

ピルは基本的には21錠と28錠のものがあります。(一部違うものもあります)
生理周期を28日周期にするためです。

飲み忘れについては、大半のピルは21錠となっていて7日間の休薬期間があります。
(7日間の間の休薬期間に生理が来ます)

飲み忘れには!休薬期間で飲むことを忘れてしまい新しいピルのシートの存在を忘れてしまう人もいるため、7日分の偽薬が入った28錠のピルがあるのでそちらを服用することをおすすめします。

過去の私はピルを3日間忘れてしまい、生理が来たことがあります。
それだけ、飲み忘れには気を付けてほしいです。

きちんと飲み続ければピルは安全安心の薬

  • 「ピルを飲んだら副作用がこわい」
  • 「ピルを飲んだら太りそうでイヤ」

こんなイメージで飲むのをためらっているあなたに向けて副作用についてご説明しました。

ピルの歴史からわかるように、最初はなかなか認可されず、妊娠して産めないなら中絶手術か産んだら里子に出すのが定番でした。
生理前症候群(PMS)対策も理解してもらうことはなかったのです。

今では、産婦人科へ行き、先生に相談したらあなたに合うピルを処方してもらえます。
飲み始めの副作用もしばらくすると身体がピルに慣れてくるので安心して飲み続けてほしいです。